読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横井晃子の日記

このブログは、主に私が学んでいるビジョン心理学についての体験や学んだことをコンテンツとしたものです。このブログの内容は私の理解に基づいて書かれたものであり、 VDIやその他のビジョン心理学のトレーナーや組織には一切の責任はありません。

脳の反応レベルにジョイニング

Nature asiaの記事にものすごく興味深い記事を発見しました。

www.natureasia.com

 

トラウマを消去するための治療方法を開発した、というもので、私が理解した「どういうことをやっているか?」ということを簡単に書いてみます。何かショックな出来事、例えばここでは白いライトバンに轢かれたとします。その人は白いライトバンを見るたびに、冷や汗をかいたりする、とします。

【通常のやり方】

  1. 白いライトバンの写真を何度も見せる
  2. 自分は大丈夫だと徐々にわかってくる
  3. トラウマ解消

利点:効果がとても高い

問題点:治療を受ける人に高いストレスがかかる。

 

【この方法】

  1. 白いライトバンの写真を見たときの脳の活動をfMRIという機械でデータ化し、記憶しておく。
  2. 白いライトバンの写真を見たときと同じような活動が脳に現れたら、高い得点が出るように、プログラムを作る
  3. 治療を受ける人は、プログラムで高い得点が出るように、色んなことを自由に想像(イメージ)する。高い得点が出れば出るほど何か良いものがもらえるようにしておく(お金とか)
  4. 何度も繰り返し高い得点が出るように、想像しているうちに、「白いライトバンの写真を見たときと同じような脳の活動が起きても、ストレスがかからない(というよりいい事が起きる)」という新しい学習がなされる。

 

これを読んでいて、POVのジョイニングとこの方法は、同じことなのではないか?と思いました。ちょっと違うかもしれません。うーん、もうちょっと良く考えてみないとわからない。

 

POVのジョイニングは、そのときの体験を安全な場所で思い出すことを意図してみる、という側面もあります。それをこのような形で強いる、というわけではないのですが。でも、脳内に起きていることは同じことなのではないか?とにかく、非常にインスパイアされる記事でした。