読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横井晃子の日記

このブログは、主に私が学んでいるビジョン心理学についての体験や学んだことをコンテンツとしたものです。このブログの内容は私の理解に基づいて書かれたものであり、 VDIやその他のビジョン心理学のトレーナーや組織には一切の責任はありません。

セミナー「アセンション」体験談①食事で自然を感じてみた

セミナー

身体のバランスの問題なのか、昨日あたりから少し体調が悪いのです。

なんだか朝、お腹が張っていて、起きたときにはあまりお腹が空いておらず、トイレに行きたい感じはあるけど、行っても出ないような、この滞った感じです。出ないから食べようか、みたいな。

 

先日のセミナーで、神様にホウレンソウする、ということを習って、毎瞬毎瞬実践しているのですが、あんまり気分は良くなりません。間食のストップもすぐに効果が出るわけじゃないのね〜、と思って、ちょっとがっかりしたり(笑)

 

けれども、まぁ、いいか、こういうこともあるか、と、気を取り直して朝食をとってみました。

先輩が教えてくれて気に入っている「シャケもち(磯辺巻きに焼いた切り身のシャケを挟む)」。元気がないしお腹も空いていないのに食べるのはどうなのかな?と思いつつ、「感謝していただこう」と心に決めて食べました。

 

そうすると、突然「あれ?このノリは、どこかの海の栄養をたっぷり吸って育てられたんだ…」とか「このお餅の米はどこかの田んぼで誰かが丹精込めて、お日様の光を浴びて育てられたんだ…」というように、海の波が行き来するさまや、うららかな田んぼの風景が頭の中に浮き上がって来たのです。

 

そうか、これまで頂いて来た全ての食べ物は、人や地球や太陽から育まれたものなんだな、ということが、ストンと腑に落ちたのです。そして、体調は変わらないけど、気分はまた明るくなったような気がしました。

 

食事をしていて、こんな体験は初めてでした。これからはもっと食べることを大切にできるかもしれません。

 

なんだかやっぱりワクワクします!