読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横井晃子の日記

このブログは、主に私が学んでいるビジョン心理学についての体験や学んだことをコンテンツとしたものです。このブログの内容は私の理解に基づいて書かれたものであり、 VDIやその他のビジョン心理学のトレーナーや組織には一切の責任はありません。

パートナーがなかなかできない人へのヒント

セミナー

セミナーに参加すると、パートナーが欲しい人がトレーナーからコーチングを受けているのを見かけることがあります。

今回はこのアドバイスをまとめてみました。

 

人によって色々なアドバイスやコーチングを受けているみたいだなぁ、と思うのですが、大きく分けると以下のような感じです。

 

女性の場合

  • 色んな人と食事にいく。どういうことかというと、「あ、あいつでも食事できるなら、俺も誘って大丈夫」と、いろんな男性が誘いやすくなるので、好みでない男性とも食事には行くと良いですよ、ということだそうです。
  • 安心感のある女性はモテますよ。自信のない人は「自分はモテる」と思っていた方がいい。
  • 男性を選ぶときには「誠実さ」と「成長可能性(話に耳を傾けるかどうか)」

 

男性の場合

  • コミットしてくれる人を招き入れましょう
  • これ、という人以外の人とはデートしない。

 

男女共通

  • 内外一致。「自分はこういう人だ」という自分が信じている自分と、周りの人への態度が一致していないと、怖い人に見られて近づきにくい。例えば、自分のことを「私は意地悪な人だ」と信じている人が、「だから、周りの人に優しくしよう」と気を付けているたりする(補償行為)と、その内側と外側のギャップが周りの人に怖い感じを受けさせる。
  • パートナーシップの扉を開く。ガツガツしてるのはダメなんだけど、「いつでもウエルカム」という、心の姿勢は必要。

 

もっと他にもあるかもしれませんが、こんな感じだと思います。

 

書いてみて思ったのですが、もしかするとこれは職探しとか、「何か欲しいものがある」時にも応用できるヒントなのかもしれませんね。