横井晃子の日記

このブログは、主に私が学んでいるビジョン心理学についての体験や学んだことをコンテンツとしたものです。このブログの内容は私の理解に基づいて書かれたものであり、 VDIやその他のビジョン心理学のトレーナーや組織には一切の責任はありません。

夢の登場人物は全部自分

まぁ、他人の夢の話なんて、たいくつかもしれませんが(汗)

 

朝方、こんな夢をみました。

自動車に乗って(自分が運転)母と一緒に駅に向かう夢でした。

自動車が暴走し始めて、びゅんびゅんスピードを上げていき、ブレーキは効かず、飛ぶようにして走っていきます。止まらないと焦っているうちに、深い川に自動車ごと落ちました。どうしてか、母も私も助かり、呆然としていると、母が

「私は仕事に行かなくちゃ。あんたもすぐに行かなきゃいけないんでしょ!さっさとしなさい」と言うのです。

マジ?こんな大事故の直後に仕事???と思ったところで目が覚めました。

 

あまりに衝撃的だったので、夫にその話をしましたらば、

「晃ちゃんらしい夢だね。車もお母さんも全部晃ちゃんですよ。」とつっこまれました(笑)

 

栗原英彰先生がよく「夢で癒す」というお話の中でおっしゃることは、「夢の登場人物は全部自分」ということです。

 

暴走してる車も、異常に冷静な母も全部私(笑)夢の意味を考えるよりも、シンプルな捉え方で私には向いているような感じがします。