読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横井晃子の日記

このブログは、主に私が学んでいるビジョン心理学についての体験や学んだことをコンテンツとしたものです。このブログの内容は私の理解に基づいて書かれたものであり、 VDIやその他のビジョン心理学のトレーナーや組織には一切の責任はありません。

感謝の道

毎日暑いですね。7月もまだ初旬だというのに、真夏のような暑さです。

 

地下鉄の駅から私の職場まで、歩いて10分強かかります。この暑さが本当につらいのですが、私はこの道を自転車で行こうとは思わないのです。

 

どうしてかというと、心底まで落ち込んでいるときでも、なぜかこの道をてくてく歩いていると、いつの間にか誰かか何かに向けて(対象はその時々で色々です。上司であったり夫であったり、仕事そのものであったり…)感謝の気持ちがわいてくるからです。

f:id:yokoinmakiko:20160707114554p:plain

どうしてそうなるのかちっとも分からないのですが…。

 

私は一人でこの道のことを「感謝の道」と呼んでいます。

感謝できる間は「私ってアンラッキーだなぁ」と思うときでも、なんとかへこたれずにやっていける気がします。(「私ってすごくラッキーだなぁ」って思うときには、この道でないところでも感謝の気持ちがわいてきますから、自分の内面に興味を持ちにくいです。)

 

このブログを読んでおられる方にも、そういう場所があるのでしょうか?