読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横井晃子の日記

このブログは、主に私が学んでいるビジョン心理学についての体験や学んだことをコンテンツとしたものです。このブログの内容は私の理解に基づいて書かれたものであり、 VDIやその他のビジョン心理学のトレーナーや組織には一切の責任はありません。

ヨガの体験講座、体験談その2

昨日、ヨガ教室に体験に行って、とても良かった、ということを書いたのですが。

 

意外にも早くも効果を実感しつつあります。坐骨神経痛が悩みだったので、そのことを先生にお伝えして参加したら、先生がいくつかそのための体操というか運動を教えてくれました。

 

アイソメトリック運動の1つで、合せきのポーズの状態で、膝の上に手を置き膝を上に上げる力と、手を下に下げる力でバランスを取るものでした(逆に、手を下に入れて押し合うものもありました)

 

このポーズをやってみたところ、普段の太ももの強張りがいくぶん和らいで、腰回りが少し柔軟になったような気がします。血流が良いような、足が軽いような…。

 

毎日少しずつやると、体が楽になるのではないかと思い、昨晩も寝る前に少しだけやってみました。もう少し回数を増やせるかも?とか、他のポーズもやってみることができるかも?とか、ワクワクしています。

 

ヨガ教室の体験講座に行きました

昨日の夜はヨガ教室の体験講座に行きました。

25歳くらいから30歳くらいまでの間、しばらくヨガに通っていたのですが(主に体のメンテナンスをするためのヨガで、パワーヨガ系のものではありませんでした)、仕事が忙しすぎ、また、仕事で別の地域に移ると、その度に別の教室を探さなくてはならなくて、なかなか行くチャンスがなかったのです。

 

先生は、ヨガ療法学会公認のヨガ療法士の方です。通いやすい場所にあることと、ヨガ療法士の先生が良いと思ったので、体験してみました(ヨガ療法学会は、以前習っていた先生がよく口にしておられた学会でした)

 

久々にやってみると、年齢の問題というより、あまりにも体を動かす機会がなかったためにか、色々な部位がこわばっていることがわかりました。

 

特に、最も固まっている感じがしたのは、足の外側の側面です。数年前に大きな病気をして完治はしたのですが、それに関連する腰周りがすっかり弱ってしまっていました。自分の体と向き合う時間が取れるのはすごくいいことだなぁ、としみじみ思いました。

 

愛と喜びを選択する

愛と喜びを選択する、言うは容易いが行うは難し。

なんだかこういうことを書くと、胡散臭い感じがしてしまうかもしれません。

 

でも、現実から目を背けることなく、どんな時でも愛や喜びを選択するのは、とっても自分を大切にする態度なのではないか、と思います。

 

お金がない、のも、パートナーがいなくて寂しいのも、病気で苦しいのも、全部ひっくるめて体験して、いつでも日々の愛と喜びを選択する態度でいる、それこそが人としての成熟なんじゃないかと思います。愛や喜びは、そんなに難しいことではないようです。例えば、命に関わる病気で苦しいときでも、美しい夕焼けを見ることはできますし、雨の恵みを受けることもできるでしょう。けれども、それが目に入るか?それを美しいと喜べるかといったら、そう簡単ではないように思います。

 

現実が苦しいときがその人の実力だそうです。そういう意味では私は実力ない方だなぁ(苦笑)と、よく思いますが、それにしても、日々成熟を目指していきたいと思います。

昨日はなばなの里に行きました

昨日は夫とデートでなばなの里に行きました♪

 

ベゴニアガーデンや

f:id:yokoinmakiko:20170123115333j:image

 

国内最大級のイルミネーションを見て帰って来ました。

f:id:yokoinmakiko:20170123115408j:image

f:id:yokoinmakiko:20170123115423j:image

 

仙台に住んでいた頃に、年末はよく定禅寺通りのイルミネーションを見に行っていたのですが、懐かしい気持ちにもなりました。また仙台のイルミネーションも見に行きたいなぁ! 

 

神様にホウレンソウする

引き続き、年始のセミナー、アセンションの体験を書いてみたいと思います。

 

タイトルの通りなのですが、神様にホウレンソウする、ということです。

人間の意識はいくつかに分けることができる、と言われています。自分で自覚できる自分の意識は、数パーセントだという考えもありますよね。意識できない自分の一部に、全てを理解している完全な存在としてのハイアーマインドという意識があると言われています。

 

で、神様にホウレンソウする、というのは、多分このハイアーマインドの意識の部分に、自分から問いかける、という事なのじゃないかと思うのですが。

 

先日、こんな体験がありました。

昔、自分が何をビジョンにしていたか、それをすっかり諦めてしまっていたことを思い出しました。

その当時も今も、自分の感覚ではこのビジョンは叶いそうもないな、と思うので、心の中で神様にそのことを話してみると、意外なアドバイスをもらいました。

「旦那さんに相談しなさい」

 

思いもよらないことだったので、きっと表面意識や潜在意識、無意識のエゴを超えて、ハイアーマインドに届いたのではないかと思い、夫に相談してみました。

 

すると、夫が昔ビジョンダイナミックス研究所のトレーナーズトレーニング(夫と私は同期なのです)で習ったことを思い出させてくれて、とてもよいアドバイスをくれました。

living the vsion10という、ビジョンを生きる方法を教えていただいたのですが、私はすっかり忘れていました。彼はこれを思い出させてくれたのです。

 

よくよく思い出してみると、夫はこのLV10の暗唱がとても得意で、このスピーチ?では輝いていたなぁ!という思い出が蘇って来ました。

 

人間には必要なことはなんでも覚えている部分があって、その部分に話しかけることで、そこから叡智やインスピレーションを受けとることができる、というよい体験になりました。

 

皆さんも、神様にホウレンソウする、やってみてはいかがでしょうか?

 

自分を満たす

マインドフルネスという考え方が流行してしばらくになるような気がします。

 

自分を愛で満たす、天に愛されていることを実感する、ということは、マインドフルネス(今の自分の状態を完全に受け入れる)の次にある意識じゃないかな?と思うのですが、年始の「アセンション」でこの「自分を愛で満たす」という体験を日々選択していくことが、とても大切だと習いました。

 

ちなみに、自分を天の愛で満たす、というのは、子供の頃に父母や世話してくれた人たちが注いでくれた愛情や注目を思い出す、というような意味合いだと思います。

 

喜びに満ちた時も、困難な状況にあっても、誰かをサポートする時も、まず、自分を天に愛されている存在として認識して、その愛で自分を満たす、ということは物事に効果的に関わるためにとても大切なことなのだと思います。

 

目の前にいる苦しんでいる誰かを助けたいとき、自分を愛で満たすことをしないと、自分も苦しみに巻き込まれてしまったら犠牲になってしまうでしょう。

何かに全力を尽くしたいとき、自分を喜びで満たしていないと、自分へのケアがおろそかになってしまうこともあるかもしれません。

 

私は、自分のことよりも誰か他の人のことを優先することで、自分をおそろかにするというクセがあり、そのパターンは特にはっきりと学位を取る時に出たと思うのですが(周りの人の研究をサポートすることに熱中するあまり、自分の研究が遅れた)、まず、自分を愛で満たすことをしていれば、そんな選択はなかったのではないかな?と今は思います。

 

そのことをしっかり学んで、知らず知らずのうちにやってしまうことをなるべく早く気がつけるようになりたいものだなぁ、と思います。

 

そのためにも、まず、毎瞬毎瞬自分を満たす選択をすることが、大切ですね。

知っていてもやらないこと

肉体シリーズになってしまっているのですが。

 

先日、テレビを見ていて「唇の皮がガサガサするのを防ぐ方法」というものがありました。

コツは2つで、1つはリップクリームを塗りすぎない。もう1つはリップクリームを塗るときに縦方向に塗る。

 

私は唇の皮をむくクセがあって、夫によく叱られるのですが、この方法を試したら、ガサガサにならないので、皮をむくことが減りました。

 

よく考えてみると、上記2つのコツは、以前ずっと前から知っていたような気がするのです。

 

学びが深くなるに従って、日常、毎日のことを大切にする、と教わっています。

自分をケアするということがおろそかになっていると、こんな小さなところにも、その態度が表れてしまうのですね。